置かれた場所で咲きましょう vo.2

おひとり、おひとりと向き合わせてさせていただける、ご試着室での対応は、お客様のサイズ、体型、お肌の状態はもちろん、そのときの会話や、表情も忘れることなく、覚えていています。

一昨年までは、乳がんの手術をされた方には「カップの厚みを調整する」というサービスで対応をしていました。でも、それでは全摘出の方、温存でも下辺の膨らみがない方、デコルテや脇の窪みのある方、グラマーな方を笑顔にすることはできないとわかっていたので、限られたケースの方にだけ実行していました。

☆厚みを調整してボリュームや膨らみをつくっても、ベストにできないわけは、ブラジャーとは、乳房と身体の溝に、ワイヤーをひっかけて着けているものなので、ひっかける溝をつくれなければブラジャーはズレてくるからです。ブラジャーのカップポケットにパッドを詰めてもズレるのも同じことです☆

わたしはプロなのに、ベストをわかっているのに、、、ノウハウがあるのに、、、このままで放っておくのは嫌。「しかたないですね。。」という会話をしたくない。悲しい諦めの表情を見たくない。

そんな思いに駆り立てられて、「西沢式フィッティングブラジャー」「バストメイク型シリコンパッド」エレガントな乳房再建をすることを考えました。

身体とセット、かつブラジャーとセットでつくる、パーソナルな造形。そしてなんといっても装いを自由に美しくする「バストメイク型」の仕様。これは(神様の乳房が戻らない以上)女性のデリケートな感性と毎日の生活に則したアイディア。QOLを高くするための選択肢です。

スタイリストで美容家で下着プランナーの。こだわりやの。

専門知識(オタク知識)と、価値観(女性の想い)を集結して、

この世になかった、頭のいい方たちでは想像しなかったものを創造しました。

学生時代から数学も科学もお勉強は苦手。お洒落ばかりが大好きな、

それしか能のないわたしでしたが、その能があってよかったと、

少しだけ、、僭越ながら、、思っております。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中