バストの美意識にはお国柄があるのをご存知ですか

例えばアメリカ。ヴィクトリアベッカムさんなどもゴシップにあがる豊胸手術も珍しくないお国。お椀をひっくりかえしたような、半球が美。なのでヴィクトリアシークレットのショップはほとんどが「モールドカップ」。(モールドカップとは、キャミブラなどに入っていとしたカップ)

11890985_936402149749472_7817849372596704312_n1.jpg

 

フランスはもともとコルセットの文化があるので、下からグッと押し上げて潰して、マリーアントワネットのように、デコルテにボリュームをつくったお胸が美。シャンタルトーマスなどにも多い「バルコネットブラ」がお得意です。

11923228_936402219749465_8173883232927790659_n.jpg

イタリアは映画マレーナなどにも代表されるような、ゆっさゆっさと揺れる豊満さが美。ヌードの状態を思い浮かべる「カップがレース1枚」や「薄いカップ」が主流。

11896173_936402253082795_7343409932027587858_n.jpg

実は、「寄せて♪上げて〜〜♪」は日本のおハコの文化なんです。しかし、寄せて上げて谷間をつくったブラジャーは、下着姿で見たときの満足度は高いのかもしれませんが、お洋服のシルエットを崩してしまうこともあります。

 ブララボでは、谷間を卒業したエレガントな大人の女性に、「釣鐘型(上向きのスロープ)のデコルテ」と「丸いフォルム」の「ゴールデントライアングル」のメイクを提案しています。装いのファンデーションとして開発した、トップスのデザインを選ばないバストメイクです

15826090_1267147723341578_8431987241907675325_n1.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中