重たくなったまぶたを付けまつげでアップ

10代のころからスキンケアにはすごく興味があったのですが、「メイクアップ」にはその情熱の半分くらいしか時間もお金も使っていませんでした。

しかし初めてまつ毛パーマをしたのは多分25歳頃。まつ毛エクステンションは30歳頃だったような。。3本くらい束になっているのをエステティシャンの方がつけてくれました。こちらはなんだかまだまったく自然とはほど遠く、技術の進歩を望むと心の中でつぶやき2回ほどでやめました。

それからはまつ毛パーマを長年。そしてまた5年おきくらいに、まつエクの技術が進歩するごとに専門店でチャレンジするも、ちょっと取れるとすごく気になるわたしは3日と空けずに通うことになり、お金と時間が持たず、一切やめてしまいました。わたしの顔だちには、イマイチカールが不自然だなと限界を感じていたので未練はありませんでした。

その後ルミガンもかなりリピートしました。が、ルミガンは伸びるけどあっちこっちに向くので+マツ毛パーマという技もこなしていました。が、やはり色素沈着が気になり、こちらもばっさりとやめました。

そしてしばらくビューラー+マスカラにしていたのですが、ふと、鏡の中のまぶたが重たい印象に。ビューラーでまつ毛をアップすると、なんだか必死な感じ。。

でもまだこの頃は付けまつげは、お人形みたいで不自然なものと思っていたんです。でもマツエクもわたしには合わなかったものの、すごく進歩したし、付けまつげだって探せば何かあるのかも!?と思い、ネットとドラッグストアとコスメ専門店を物色。

なんだか良さそう!と思ったブランドから4つほどデザインを試し買い。そのうちのふたつが大ヒット♡しまして、なんと8年近くリピーター。

とにかく自然で自まつ毛みたいに見えるのがお気に入りです。

歯科の女医さん、美容室のシャンプーガールさん、ネイリストさんなど極接近してお顔を見られる方に、「まつ毛長くてきれいですね〜」と褒められます。「ツケマですよ」というとみんな驚かれます!

もったいぶってしまいましたが、そのツケマはディーアップのものです。グルーとピンセットも最高に使いやすいです。

たくさんデザインがある中からわたしは「軸が透明」で「毛質が細くて柔らか」で「軸の部分は毛が密集している」ものを選んでいるで、本当に自然です。また顔の雰囲気やまぶたのかたちから目尻が長くなっているデザインがお気に入りです。

*自然に、それも一発でつける方法を自己開発したので、それは次回お伝えしますね。

この3つを、メイクアップとTPOに合わせて愛用しています。やっぱりいいものって違うと思います。きちんとお手入れしながら1ヶ月くらい使えます!

0023027_tweezertitle.gif

こんな感じです♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中