ブラが健側にズレてリンパ郭清が目立つ方へ

乳がん手術で左右非対称となった方は、いくらパッドを入れて補正をしても、ブラジャーが健側に引っ張られてしまい、結果身体のあるべき位置より健側にズレた位置にカップの山が二つ並んだ装着スタイルとなり、悲しく思ってらっしゃいます。そしてこのようにズレることで、リンパ郭清の窪みがより目立ってしまい悲しく思ってらっしゃいます。

BRALABOの乳がんアピアランスケアパッケージでは、ブラジャーがズレることなく、あるべき位置にカップの山が設置された装着となるよう、健側とブラジャーを引っ張り合うバランスのとれるシリコンパッドを採用しています。

重みをつくれるシリコン素材を使い、健側と同じようにブラカップをひっぱり、左右対称のかたちを表現するよう、個々のデザインを設計してつくります。またリンパの窪みが見えないように特別な工夫を施して行きます。だからこの通り。正面からみてもノープロブレム☆

17741054_1845921438999535_45993460_n

18010599_734901310022015_2840376792646172608_n

健側に寄ってしまう。。リンパ郭清が目立ってしまう。。という方へ。フィッティングのご予約はこちらから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中