アラガンシリコンインプラントのリンパ腫発症。稀だから抜去は推奨しない。あとは医療現場任せ。自己責任。でいいのでしょうか?

3,000人にひとりの発症で稀。といいますが、

確率問題でいいのかな。。

こまめな経過観察なんて煩わしいし、

早期発見で、手術をすれば大丈夫。って。

大丈夫って何が?

 

命のために再建したんではなくて、綺麗にしたくて再建したのに、

手術でえぐるんですよね?

 

そして不自由を感じずに生きていくためにしたのに、

また入院したり、そのためにお金や時間やもっとやりたいことを後回しに

犠牲にしなくてはならないんですよね?

 

もちろんアラガン社だってこんなことをしたくてやったわけでもなく、

誰のせいでもないけど、

 

ありえない。。。

発症しなくても、アラガンと厚生労働省はペナルティを負い、

全員になんらかの保証をしてくれるといいと思います。

経過観察も、発症したときの手術も、

エキスパンダーの抜去手術も、シリコンインプラントの抜去手術も

アラガンと厚生労働省が負担して、

そしてその時に後回しになることへの負担お詫び金とか出して欲しい。

わたしだったら黙ってないな。。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中