乳がん手術をするとワイヤーブラジャーが着けられない。と思っている方へ。それは間違いです

乳房再建手術をすると、自家組織でもインプラントでも、今までとは違うバストがプラスされた状態で、固さの問題、動かない問題、左右非対称の問題、バージスラインの深さや位置の非対称の問題、アンダーラインの非対称の問題により、「ワイヤーブラジャーは着けられなくないます」(すべての場合ではありません)

でも乳がんの手術をしても、今まで通りの体から、片胸がマイナスされただけの状態ですので、物理的に着けることはなんら問題もありません。術後の痛み、内側外側ともの回復と安定が得れる時期になれば、なんら問題ありません。「ワイヤーブラジャーは着けられます」

でも、片方、バストがないですよね。。だから、

ブララボでは、健側のバストを基点にワイヤーブラジャーを着けて、術側にその健側のバストがカップに納まっているのと、同じ状態のバストの代わりをシリコンでつくり着用します。健側と同じように、ワイヤーで支えてカップで包む着け方です。

だからポケットなんか必要ありません。バストはポケットに入れてませんからね。

だからズレないし快適な着け心地です。

術側を基点にブラジャーを着けたい方は、ワイヤーのひっかかるバージスラインがなくなっているので、ワイヤーブラジャーを着けることはできません。ノンワイヤーブラジャーを選択することになります。

でもノンワイヤーブラジャーは、ズレるものですので、同時にパッドもズレますし、着け心地が悪く、不具合が多くなります。

お客様の感想をご覧ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中