BRALABOなら乳房再建から早く卒業できます。日常生活を取り戻せます

リピート納品でお逢いしたお客様に、
「アラガンのことご存知ですか?」とお聞きしたら、
夏休みで子供とイベントで、、手一杯で、、と
まったくご存知なかったことが、
とっても嬉しかったし、これこそがわたしの自慢です。

先日、毎年行われる乳房再建の患者会のイベントは
すでに乳房再建手術をされている方が半数、、
いやそれ以上多く参加されているのは、修正や、やり直しの方法や医師を探してるからで、再建手術に何年も奔走翻弄することとなり、時間とお金と人生を費やし、心を痛めている方もいるとお聞きしました。。。
BRALABOの着用する乳房再建をご使用のお客様は、
もう何も悩むこともなく、
自分の日常、自分の人生を取り戻されていました。
再建手術の修正、やり直しや、別な医師を求めている方たちからは、「なんでもっと良く考えなかったんだろ。良い話ばかり信じてしまったんだろう」と後悔しているお話しもお聞きしました。

BRALABOのお客様は、
すごく良く調べて調べて調べて、考えて考えて考えて
BRALABOの着用する乳房再建を選び、
早くに自分の日常、自分の人生を取り戻されたのです。

ご本人が調べて調べて調べて考えて考えて考えた当時に、まとめたリポートをご覧ください。ご本人がご主人に報告をしてご主人が文章にまとめておかれたそうです。
https://bralabo.com/2019/04/18/乳房再建の目的とは?役割とは?/

後から聞いたお話ですが、
ご本人がBRALABOを選びたいと決心したとき、ご主人はあくまでもご本人の気持ち尊重派ですが、「病院ですすめらた再建手術の方が安心ではないか?」と言われたそうです。

はい。そう思われることの方が当然だと思います。ブラジャーの着け方でさえ、「主治医がこう言った」と、わたし下着の専門家の言うことを、信じられない方もおられます。

そこでご本人は、わたしから聞いた、再建手術で得られるバストと、着用する乳房再建で得られるバストの違い。日常生活における再建手術のバストの違和感について、形成医師に質問してみたそうです。

すると「まったく知らなかった。考えてみたことがなかった。。でも考えてみればその通りだと思う。目から鱗。再建手術しなくてもいいね」と言われ、やっぱりそうなんだ!とご主人に再報告して、ご主人も安心して決めたそうです。

この後日談をお聞きして、わたしは医師の先生方にも知っていただく活動をもっとすることが、お客様のためなんだとわかりました。

10月の日本乳房オンコプラスティックサージャリ学会のブース展示に参加いたします。招致いただき嬉しく思っております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中