乳がんを自分事として学ぶピンクリボン月間を推奨します

芸能人の方の乳がんのニュース、多いですね。
本日は、太田裕美さんの記事を拝見しました。

20代のアイドルさんも。80代の美智子様も。
決してまさかのことではなく、

わたしのお客様も29歳で罹患。80歳で罹患という方もおられます。

10月はピンクリボン月間ですね。
早期発見、早期治療。

検診に行けば、
発見される50%
発見されない50%

早期発見ならば1、2ヶ月後にはバストがなくなります。

?と思われましたか?

早期治療とは手術のことです。ステージが低ければ手術をして命が守れるからです。

再建手術の現実。
代替え治療の現実。

どちらも厳しい、「大丈夫」と手放しで言えるものでは
決してありません。

わたしを含めて当事者は苦しんで苦しんで、なんとか気持ちの折り合いをつけているので、いや、、ついていないかな。。

みんな元気そうだし、明るいから
大丈夫なんじゃないの?ではないんです。

治療は長く続き、副作用に悩み、再発に怯えます。
手術したからだは元には戻りません。

もし乳がんになったら?なんて考えるのは嫌ですが

11人にひとりの時代ですから、
年に一度、
乳がんなのに頑張って明るくてすごいねとか、
お気の毒とか、
どうやって励ましたらとか、
ではなくて、

自分のこととして考えてみませんか。

防災リュックで備えてるように。

そのとき自分がどう対処したらいいか。
少し考えてみませんか。

何も知らなくてわたしは苦しかったから。。

10月10日名古屋で講演させていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中