日本乳房オンコプラスティックザージャリー学会でのイベント展示、お世話になりました

初。学会展示無事終了。
目まぐるしく、写真も撮らず。、

無事終われたのは、
ブララボスーパーモデルひろえさんのお友達で、わたしの双子生まれのちゃこさんが
お手伝いしてくださったおかげです。

今回学会に向けてサイトやパンフを改良して、
その過程で、説明がブラッシュアップし、
今まで初見では到底理解してもらえるほどの
説明はできていなかったのですが、

今回は理解してもらえている。という手ごたえがありました。

裸のバストと
ブラジャーカップに入ったバストは
かたちが違う。

これがとにかく、
医師の先生方にも、目から鱗〜とのことでした。

ブラジャーの設計とバストメイクの仕組みを知っていたから、できた開発。

2015年から無問題。
ノークレーム。ノーリターン。

でも、広まるのには道のりは遠いね♪
(明るく言っとく!^_^)

ちゃこさんありがとうございました😊
いなかったら途方に暮れました。
スーパー手際人。気づき人。瞬発能力優れてる人。初めての事なのに指示待ち一切なし人。わたしのサポートに徹してくれた人。感謝感激雨あられ。

オンコ学会事務局の
春恒社のスタッフの方も
諸々お手間をありがとうございました😊
いつも誠意を持って対応くださり見習います。

そして。招致くださいました
埼玉医科大学総合医療センター。形成外科の先生方、貴重な場をありがとうございました。
事前のご紹介。当日のご案内。
ご配慮いただき感謝申し上げます。

#日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
#春恒社
埼玉医科大学総合医療センター
#形成外科の先生方
#立ち寄ってお話聞いてくださった医療者の皆様
#セミナー参加くださった皆様
#ブララボ
#bralabo
#着用する乳房再建
#バストデザインツインセット
#必要な方に届けるために
#まだまだワタスは努力
#まだまだ色々考えんとな

 

スライド01

乳房再建は手術だけではありません。選択肢をすべて並べて考えてみてください

某チアーでウーマンなサイトから
またして、、企業のセミナー情報は掲載できないと言われて( ; ; )
それもさんざん懸念して、問い合わせをして、、、

投稿してくださいとメールが来たから書いたのに、、、
凹んでいたその時、、、

お客様からメールが♡

「タレントさんの乳がんダイヤリーに、わたしも若年性で、再建手術はしなかったけど、BRALABOっていうところで、ブラとオーダーパッドで再建してもらって快適です!ってコメントしたら、プロデューサーから電話取材が来て、なんで手術じゃなくてBRALABOが良かったのか、話しました♪」と。

同時再建が決まっていたけど、選択肢のすべてを見てみなければ、このまま再建手術を受けれないと、BRALABOにこられたお客様。考えて考えて。わたしもお客様がどうしたら一番安心なのか、幸せなのか。何度もお会いして、何度もメールを往復させて考えました。

クロージングはしません。決めるのはご本人です。

そしてわたしは、BRALABOに来てくださった方にしか尽くせません。
ネットの媒体の中で、悩んでいる方を見つけますが、
わたしは遠くで心配することしかできません。

必要な方は個別セミナー相談会、ご利用くださいませ。

乳がんを自分事として学ぶピンクリボン月間を推奨します

芸能人の方の乳がんのニュース、多いですね。
本日は、太田裕美さんの記事を拝見しました。

20代のアイドルさんも。80代の美智子様も。
決してまさかのことではなく、

わたしのお客様も29歳で罹患。80歳で罹患という方もおられます。

10月はピンクリボン月間ですね。
早期発見、早期治療。

検診に行けば、
発見される50%
発見されない50%

早期発見ならば1、2ヶ月後にはバストがなくなります。

?と思われましたか?

早期治療とは手術のことです。ステージが低ければ手術をして命が守れるからです。

再建手術の現実。
代替え治療の現実。

どちらも厳しい、「大丈夫」と手放しで言えるものでは
決してありません。

わたしを含めて当事者は苦しんで苦しんで、なんとか気持ちの折り合いをつけているので、いや、、ついていないかな。。

みんな元気そうだし、明るいから
大丈夫なんじゃないの?ではないんです。

治療は長く続き、副作用に悩み、再発に怯えます。
手術したからだは元には戻りません。

もし乳がんになったら?なんて考えるのは嫌ですが

11人にひとりの時代ですから、
年に一度、
乳がんなのに頑張って明るくてすごいねとか、
お気の毒とか、
どうやって励ましたらとか、
ではなくて、

自分のこととして考えてみませんか。

防災リュックで備えてるように。

そのとき自分がどう対処したらいいか。
少し考えてみませんか。

何も知らなくてわたしは苦しかったから。。

10月10日名古屋で講演させていただきます。

ゆっくりでも積み上げて未来を変えましょう。成功のかたちは、当事者への有益の享受

マダムの聖地某百貨店と、2年越し&今年の春から具体的にするべく、打ち合わせを進めていたのですが、

またひとつ壁を越えることができそう。

可能性を探りながら切り開いてくださる、
担当バイヤーさん、すごいと思います。

いいものいいこと売れてるものだけを
入れたいバイヤーさんと違い、

まあ当たり前のことなんですけどね、
自分の目利きや提案がなくて
オモロない。っていうか、
ケミストリーは
良くも悪くも起こらないですよね。

百貨店の売り場ができること、
今の時代だからやるべきことを
バイイングや!

ダイバシティでサスティナブルで令話元年や!

すべてはお客様のためにや!

さっさっとかたちだけつくるのは性に合わないから、
ゆっくりでも、
積みあげてサクセスさせたい
=当事者への有益の享受につなげたい。

最近は10月の日本オンコプラスティックサージャリー学会へのブース参加のための準備で、
夜な夜な作業をしているため、
お疲れちゃんですが、いいお知らせで元気復活!

ファッションの現場から発信できるようになることをすごく
こだわってきましたが、
その反面、今回の学会からの招致も
本当にうれしく思っています。

ブララボのオーダーに久しぶりにワクワク♡着けた方が綺麗に見える下着

10月にお会いするお客様に、
手術をする前のブラジャーサイズを
一応お聞きしたら、

インポートが好きで
リズシャルメル、シバリス、ラペルラを着けていました。と。

もう綺麗な良いものは着けれないのかと思っていたから、

ブララボのオーダー、
久しぶりにワクワクしてます!と♡

わたしもこの3つのブランドは
マイフェバリットで、今も
クローゼットに取ってあります。
こんなお話も共有して楽しみたいと思います。

偏見混じりますが、
エリートな方はセクシーなものお好きです。

あと、綺麗なものとか、良いものの
吸収が早い。

あるお客様は、このように言ってくださいます。

乳がんになって、乳がんブランドというものをいくつか見ましたが、、、選べなかった。かといって、ブラジャーに元々興味があったわけではないの。でもブララボは、コテコテせずに、エレガントだし、

何より、着けが綺麗に見える。(←ココ大事!
飾って綺麗でなく、着て綺麗。着てものが綺麗よりも、着た人が綺麗!ここをこだわっているのです。ブララボは、着心地からオールレースのデザインですが、ただ貼ってるわけではなくて、レースのすけ方とか、レース柄の配置とか、めっちゃこだわってるのです。

そもそも乳がんブランドじゃないんです。
美健のためのブラジャーです。
健康なバストが2つある方、
手術した方には健康なバストの代わりをシリコンで作って着けていただくブラジャーです。)

ブララボと出会わなかったら、赤ちゃんの帽子みたいな、くちゃっとしたレースのブラを、そういうもの。と思って着けていたと思う。

だから、着け心地や再建の機能だけではなく、
ブラジャーのおしゃれとしてもとても満足してる。

と。

そういえば、

ご主人さまとご一緒にお会いしたときも、
ブララボに出逢って、
ブラジャーに興味をもって
楽しめてよかったね。←大人〜

というようなことも
お聞きさせてもらいました。

わたしはブラジャーは
ほぼ西沢式フィッティングブラジャー
オンリーですが、
↑開発のために他メーカーを
着けることあるのですが、
3時間で限界!
吐き気と頭痛がしてきます。
こんな苦しいワイヤーブラ、
西沢式フィッティングブラジャーになれたら、
もうできなくなってしまいました。

インポートランジェリーはナイティに愛用していて、楽しんでいます。

BRALABOなら乳房再建から早く卒業できます。日常生活を取り戻せます

リピート納品でお逢いしたお客様に、
「アラガンのことご存知ですか?」とお聞きしたら、
夏休みで子供とイベントで、、手一杯で、、と
まったくご存知なかったことが、
とっても嬉しかったし、これこそがわたしの自慢です。

先日、毎年行われる乳房再建の患者会のイベントは
すでに乳房再建手術をされている方が半数、、
いやそれ以上多く参加されているのは、修正や、やり直しの方法や医師を探してるからで、再建手術に何年も奔走翻弄することとなり、時間とお金と人生を費やし、心を痛めている方もいるとお聞きしました。。。
BRALABOの着用する乳房再建をご使用のお客様は、
もう何も悩むこともなく、
自分の日常、自分の人生を取り戻されていました。
再建手術の修正、やり直しや、別な医師を求めている方たちからは、「なんでもっと良く考えなかったんだろ。良い話ばかり信じてしまったんだろう」と後悔しているお話しもお聞きしました。

BRALABOのお客様は、
すごく良く調べて調べて調べて、考えて考えて考えて
BRALABOの着用する乳房再建を選び、
早くに自分の日常、自分の人生を取り戻されたのです。

ご本人が調べて調べて調べて考えて考えて考えた当時に、まとめたリポートをご覧ください。ご本人がご主人に報告をしてご主人が文章にまとめておかれたそうです。
https://bralabo.com/2019/04/18/乳房再建の目的とは?役割とは?/

後から聞いたお話ですが、
ご本人がBRALABOを選びたいと決心したとき、ご主人はあくまでもご本人の気持ち尊重派ですが、「病院ですすめらた再建手術の方が安心ではないか?」と言われたそうです。

はい。そう思われることの方が当然だと思います。ブラジャーの着け方でさえ、「主治医がこう言った」と、わたし下着の専門家の言うことを、信じられない方もおられます。

そこでご本人は、わたしから聞いた、再建手術で得られるバストと、着用する乳房再建で得られるバストの違い。日常生活における再建手術のバストの違和感について、形成医師に質問してみたそうです。

すると「まったく知らなかった。考えてみたことがなかった。。でも考えてみればその通りだと思う。目から鱗。再建手術しなくてもいいね」と言われ、やっぱりそうなんだ!とご主人に再報告して、ご主人も安心して決めたそうです。

この後日談をお聞きして、わたしは医師の先生方にも知っていただく活動をもっとすることが、お客様のためなんだとわかりました。

10月の日本乳房オンコプラスティックサージャリ学会のブース展示に参加いたします。招致いただき嬉しく思っております。

もっと早くBRALABOを知っていたかった。。。ですよね

同時再建やエキスパンダーという名称もわからないままでも、
「乳房再建手術までが治療」
「うちには乳房再建手術する形成外科医がいます」と
医師に言われれば、

それは「そうなのか」とそうする方も多いのだと思います。

もちろん、医師由来ではなく、あらかじめ自分で乳房再建手術、同時再建手術という意思を持っておられる方もいます。でももっている知識は、、、わからないことが多いのは同じだと思います。

わたしも罹患時、乳房再建手術の医師は10件くらい周り、
アラガンに取材に行き、
人工乳房のスクールに行く前は、
乳房再建手術するんだと思っていました。

アラガンのことで「欲張りすぎだったかな。BRALABOにすればよかったのに。自分が悪かったのかな」と涙ながらに電話やメールがくると、胸が痛みます。

そんなことはありません。
わたしたちは、止むにやまれぬ中、
そのときの精一杯を選んできています。
「だから自分を責めることはしないでくださいね」。
これがわたしが唯一言って差しあげられることです。

でも正直、

再建手術をすすめられない時代に手術をしてBRALABOに出会った方
同時再建手術からBRALABOに変更した方、
寛解になってBRAL ABOに来た方、
再発を乗り越えてゆっくりしてらてないとBRALABOに来た方、

同時再建手術しなかったことで、
BRALABOをスムーズに受け入れることができて、
BRALABOもスムーズに受け入れることができていて、

わたしと会って3ヶ月後ほどには、
自分の人生を取りも戻されています。

なので治療で精一杯なのに、慌てて「同時再建手術」まで受けなくてもいいのじゃないかと、思わざるを得ません。

それぞれの価値観なので、決してみんなに当てはまることとは
思っていませんが、

リスクのない、
限りある人生、時間、お金、ほかのやりたいことを犠牲にしない方法を選んで欲しいと思います。

と、いうわたしも、両側の方にはある3つのことが自分で理解と許容ができれば、インプラントにしてもいいのではないのかと、昨夜アドバイスを求められて、わたしだったら、、とお答えました。

わたしができることは「着用する乳房再建」ですが、それを売ることだけをしているのではありません。

これを媒介にご相談がくれば、何夜でもかけてお話ししています。
止むに止まれずの選択の獣道を、一緒に手探りし、その方の本心の望みが
BRALABOでないなら、腕をひくようなことはしません。

BRALABOのお客様は「BRALABOがいい!」と、
靴のオーダーをするような、おしゃれなウィッグをつくるような感じで、ノー不安、ノー心配でうきうき来てくださっているのですが、

今、アラガンのことで「あきらめざるを得ないから代替えにBRALABO」という方の、状況とお気持ちは違うので。いろいろ考えています。

自分の武器だけで助けようとするのは愛じゃない。
小柄でアンダー65Fカップの方に「自家組織」で
両側再建手術できますといった医師がいたそうで、こんな言葉が浮かびました。

今回、アラガンのことから「もっと早くBRALABOを知っていれば、エキスパンダーいれなかった」とタラレバではありますが、いつも以上にお聞きするお問い合わせを受けています。

まずは、わたしがもっと努力をすることが大前提ですが、
媒体をお持ちの方や、コミュニティをお持ちの方など、
是非、取材、コラボをご検討いただけましたら幸いです。

着用する乳房再建。もうひとつの本音③

昨日リピート納品でお逢いしたお客様に、

「アラガンのことご存知ですか?」とお聞きしたら、

夏休みで子供とイベントで、、手一杯で、、と

まったくご存知なかったことが、とっても嬉しかったし、

これこそがわたしの自慢です。

 

再建手術に何年も奔走翻弄することとなり、時間とお金と人生を費やし、心を痛めている方たちの話を最近お聞きしましたが、

 

BRALABOの着用する乳房再建をご使用のお客様は、

もう何も悩むこともなく、

自分の日常、自分の人生を取り戻されていました。

 

再建手術の修正、やり直しや、別な医師を求めている方たちからは、「なんでもっと良く考えなかったんだろ。良い話ばかり信じてしまったんだろう」と後悔しているお話しもお聞きしました。

このお客様は、すごく良く調べて調べて調べて、考えて考えて、

BRALABOの着用する乳房再建を選び、

早くに自分の日常、自分の人生を取り戻されたのです。

ご本人が調べて考えた時にまとめたリポート用紙をご覧ください。

着用する乳房再建。もうひとつの本音。②

乳房再建の患者会で1年に1度大きな、情報提供のイベントをされているところがあります。そこに参加される方は、半分以上(ほとんどと言ってた方もいました)が、再建手術を既にされている方だそうです。

実際初回は参加しましたし、1回は展示に行ったこともあります。

今年のイベントに参加された方といろいろお話しさせていただく機会があり、

その方自身のこと、周りのお友達のこととお聞きしていてわかったのは、

>そこに参加される方は、半分以上(ほとんどと言ってた方もいました)が、再建手術を既にされている方

なわけは、、

みなさん修正手術のために、「もっと他の方法はないのか?」「もっと良い医者はいないのか?」「みんなはどうしているのか?」「自分の出来具合は人と比べてどうなのか?」「こんなもんなのか?」の答えを求めているから。

つまりは満足できていなくて、まだまだ再建手術から足を洗えない。ということです。

耳を疑うような、有名人気医師の技術と対応をお聞きしましたが、1度や2度のことでもないようなので、、ここでは控えさせていただきます。

わたしも罹患時、その有名人気医師を受診しましたが、クロージングの圧が強くて、、、辟易としたことを思い出しました。

着用する乳房再建。もうひとつの本音。①

ブラジャーを着ける意味と意義、装い、女性の美健の視線から、

バストメイクの仕組み、ブラジャーの設計の知見から、

乳房再建について調べた2011から2013年。

自家組織の医師、最新治療と言われる医師、あらゆる医師をまわり、

人工乳房のスクールに行き、

アラガン社へも取材に行き、

自分の望むものはないとわかり、絶望しました。

 

これから保険適応に向け本格始動というアラガン社の広報で、

「わたしは乳房再建手術に何の期待も持てません。乳房再建手術は必要悪だと思います」と

言ってしまいました。

 

乳房再建手術は、それでもやむにやまれず、生まれたものなのでしょう。

それがいつしか、まるで元に戻れるような宣伝で、みんな元に戻れると思っています。

当事者は口では「元は無理でも、、、」と言っていても、期待のハードルは高く、

事実とは乖離しています。

かたちの違和感、左右非対称、身体的な違和感、生活シーンでの違和感を、想像させられていない。

想像できていない。のが問題です。

でも医師にはわからないことだし、ご当人も初めてのことで、わからないのは仕方のないことです。

想像できたBRALABOのお客様は、「乳房再建手術をしない」という選択になるんですけど。

想像できてても、ナイことの不具合と再建胸がアルことの不具合を、天秤にかけ、後者を受け入れた方なら、いいと思うのですけど。

医療となれば信頼、期待を人はするのだと思います。再建胸がアルことの不具合なんて考えないのだと思います。

 

なので、今、保険適応のシリコンインプラントの代替え承認が急務なのではなく、

命のためにバストを失った人の再建が、シリコンインプラントで行われること自体がいいことなのか、どうなのか、検討することが急務なのだと思います。

かたちの違和感、左右非対称、身体的な違和感、生活シーンでの違和感

悪性リンパ腫発生についても、

改善できないなら、本当に必要悪だと思います。

そしてそれが自家組織だろうとも(お腹や背中の方もがん発症ではなくとも、他の病の発症はされていますし)

乳房組織とは違う素材での形成というものの精一杯(限界)なんだと思います。