危険!暖かい季節は、は⚪︎毛も急成長

毛ネタが続きますが、、年々欲しいところからはなくなり、欲しくないところに、「オマエさんたらここにもいたのかい。。。」と思うのが「毛」です。

審美歯科へ定期的な歯のクリーニングに行きましたところ、最後のチェックで手鏡を渡されて、最高良く見えるライティングの環境下で、口元をズームして視界に入れました。

ところ、、😱

口の周りの産毛と鼻毛が😱

朝メイクの時チェックしたはずなのに、、

眉毛の無駄な部分の処理やうなじまでも結構チェックしているのに、、

こんな顔のセンターに事件発覚😱

老眼って辛いです。

早速、優秀なトリマーを購入。フィリップスのものです。

こちらの良いところは、刃がスクリュー型でないので痛くないし、

口元の産毛にも利用可能。*公式ではありませんが、眉毛のお手入れには公式推奨されているので、自己判断で使っています。

さすがに耳毛はないと思うけど、、

いろいろ使えて便利です♪

実は結構いらっしゃるの。お口の周りの産毛がもじゃっとしてたり、元気な鼻毛がこんにちわな方。

今はないと思いますが、わたしが美容雑誌の編集をしていた40歳ちょっと前くらいの頃(18年前)「ビューティモデル」という極上のお肌とどアップに耐えうるお顔立ちをお持ちのモデルさんが注目され始めました。そのプロを張っている方でさえ、、、撮影後カメラマンのレタッチチェックに行って、「なぬっ====!」ってことありましたからね。実際に他誌では鼻毛こんにちわのまま、モデルさんが誌面をどアップで飾っているのも見た!(今カリスマ。そのモデルさん)まだまだ美容のビジュアルクリエイティブの確率途上だった時代と回想できますね。

これからの季節は「毛」が伸びやすい季節です!皆様も是非チェックしてくださいね。

 

NT1152_10-A1P-global-001.jpeg

重たくなったまぶたを付けまつげでアップ

10代のころからスキンケアにはすごく興味があったのですが、「メイクアップ」にはその情熱の半分くらいしか時間もお金も使っていませんでした。

しかし初めてまつ毛パーマをしたのは多分25歳頃。まつ毛エクステンションは30歳頃だったような。。3本くらい束になっているのをエステティシャンの方がつけてくれました。こちらはなんだかまだまったく自然とはほど遠く、技術の進歩を望むと心の中でつぶやき2回ほどでやめました。

それからはまつ毛パーマを長年。そしてまた5年おきくらいに、まつエクの技術が進歩するごとに専門店でチャレンジするも、ちょっと取れるとすごく気になるわたしは3日と空けずに通うことになり、お金と時間が持たず、一切やめてしまいました。わたしの顔だちには、イマイチカールが不自然だなと限界を感じていたので未練はありませんでした。

その後ルミガンもかなりリピートしました。が、ルミガンは伸びるけどあっちこっちに向くので+マツ毛パーマという技もこなしていました。が、やはり色素沈着が気になり、こちらもばっさりとやめました。

そしてしばらくビューラー+マスカラにしていたのですが、ふと、鏡の中のまぶたが重たい印象に。ビューラーでまつ毛をアップすると、なんだか必死な感じ。。

でもまだこの頃は付けまつげは、お人形みたいで不自然なものと思っていたんです。でもマツエクもわたしには合わなかったものの、すごく進歩したし、付けまつげだって探せば何かあるのかも!?と思い、ネットとドラッグストアとコスメ専門店を物色。

なんだか良さそう!と思ったブランドから4つほどデザインを試し買い。そのうちのふたつが大ヒット♡しまして、なんと8年近くリピーター。

とにかく自然で自まつ毛みたいに見えるのがお気に入りです。

歯科の女医さん、美容室のシャンプーガールさん、ネイリストさんなど極接近してお顔を見られる方に、「まつ毛長くてきれいですね〜」と褒められます。「ツケマですよ」というとみんな驚かれます!

もったいぶってしまいましたが、そのツケマはディーアップのものです。グルーとピンセットも最高に使いやすいです。

たくさんデザインがある中からわたしは「軸が透明」で「毛質が細くて柔らか」で「軸の部分は毛が密集している」ものを選んでいるで、本当に自然です。また顔の雰囲気やまぶたのかたちから目尻が長くなっているデザインがお気に入りです。

*自然に、それも一発でつける方法を自己開発したので、それは次回お伝えしますね。

この3つを、メイクアップとTPOに合わせて愛用しています。やっぱりいいものって違うと思います。きちんとお手入れしながら1ヶ月くらい使えます!

0023027_tweezertitle.gif

こんな感じです♪

アイブロウはコートする

気づかないうちにまばらになったり、お顔が下がった分デザインを変えないとイマイチだったりする眉毛。

わたしは50歳になってから眉毛のお手入れとデザインをするようになりました。そうしたら、アイブローが消えないか心配になり、アイブロウコートを使うようになりました。

半分消えている方を良くお見かけしていたので。。。

朝描いた眉毛を1日しっかりキープするにはアイブロウコートを。デザインからはみ出た部分はきちんと毛抜きで処理をこまめにしましょう。老眼でメイク直しは大変だから、丁寧なひと手間こそ急がば回れの近道です。

色々使ってみましたが、一番お手頃価格のCAN MAKEさんが優秀。テカリも少ないしパウダーアイブブローなら、後から描き足すことも可能でした。

眉毛警察となって消えている方にはもれなくプレゼント。大人買いで持っています。

85456_1_360.jpg