エキスパンダー、シリコンインプラントの抜去の経験者もお客様におります

アラガンのリコールに伴う
シリコンインプラントの抜去は、
厚生労働省も学会も推奨していないものを
本人の自由意志で抜くのだから自由診療。
でも施設によって保険でやるところもある。
ものなのだと、
ある形成の医師にお聞きしました。

詳しくはここでは書けません。。

先程電話で、
元々シリコンインプラントの違和感が辛かったし、
かたちも左右対称じゃないし、
血液がんの発症が怖いから、
家族も心配していて、

抜去したい!!のだけど、
形成の医師からは、

自家組織とか、スムーズとか、
とにかく再建手術をやり直すことを勧められて、、
なかなか話が進展できない。

何度も言ってたら、
抜去したら身体の動きに制限が出ると
(可動域が少なくなると)
言われたて、それも怖くなって。。
というお話しを聞きました。

??抜去された方何名か存じてますが、
ゴルフされてたり、
同時再建の方でしたので、
何も入ってないって、
こーーんなにも楽なことなんだ!とは
おっしゃってましたが、
そんな話し聞いたことないです。

全摘の状態になるだけですよね。
最初は癒着と拘縮で皮膚が動かず
腕も上がりませんが、
リハビリしたりしているうちに
徐々に治りましたけど。

なんだか形成の先生、抜去したくなくて、
言っているかな??と。。
ご本人がおっしゃり納得いかないご様子でした。

がんの切除他、命に関わる手術が最優先。
というのはわかりますが、
再建手術よりも抜去は後回しなのでしょうか?

命に関わることがわかり、
リコールになったものを、
抜去したいのだから、
当人にとっては、
一日も早く!ですよね。

リコールしながら抜去は推奨しない。
というのが、そもそも意味がわからないです。

エアコンが回収(リコール)になったけど、
壁に埋め込んであるから、
まだなんともないなら、
取り外す工事までしては回収しないって、あり!?
壁から煙りがでてきたらその時に壁ごと壊して、
撤去すれば、家は燃えません。
撤去後も定期的に煙でてないかな?って
見ながら暮らせます。
心配しないでいいです。って
あり!?なし!ですよね!

心配ですよ!心配でたまりませんよ!
家はお金で買えるけど、身体と命は買えない!

遺伝性の方には、何も兆候さえなくても
切除を推奨し始めていましたし。
そのくらい怪きは疑い対処することが、
がんに必要ということと受け止めてましたが。。。。

お電話くださった方は
有名病院の患者さんです。

各地からご連絡が来て
いろいろなことお聞きしますが、
ここでは書けません。()

とにかく個人の選択が
尊重されていかれることを願います。

そして、いろいろな考えと意見があり、
どれも間違いではありません。

わたしは再建手術の過酷なお話しをたくさん聞き、
またこの目で見せていただき
目の当たりにしたというのも、
着用する乳房再建、
バストデザインツインセットを開発をした、
ひとつの理由ですが、

再建手術をしたい!方にまで、
BRALABOにすればとは
思っていません。もちろん選択を尊重します。
乳房再建手術のセミナーの情報もお教えしてます。

例えば、両側の方や
健側胸を同時に豊胸されるおつもりの方は、
比較的かたちには悩まずおられた症例の方を
知っているので、
情報を集めるようにお伝えします。
A、Bカップほどで下垂がない方も同じです。

皮下の組織がかなり厚く残せる方は、
被膜拘縮による凹みやシワも
大きく出にくい方を見ており、
グラマーさんの下乳が残った
真ん中だけが凹んだ温存という、
一部の例の場合ですが、同じです。

でも、現実に、

BRALABOのユーザーはとても満足されているという事実があることと、

再建とは手術一択。と思い、後からBRALABOを知っていれば、、と後悔する人とお会いしてきてしまったので、

BRALABOのバストデザインツインセットの情報を広めることは、必要である方がいるということに自信を持って、どこかにいる必要な方に届けられないのは悪ですから、努力して参ります。

アラガンのリコールから考える。シリコンインプラント以外で自由診療のできること②

また、自由診療の域へ手を伸ばせば、シリコンインプラントだけではなく、脂肪注入やバイオCALなどの方法も並んできます。
しかし、こちらも言わんや、現在はまだエビデンスの少ない治療であること。
しかし、アラガンのシリコンインプラント然り、エビデンスがあって保険適応になったはずなのに、今回のリコール、そしてそもそも感染や、拘縮皮膜や、皮膚がツレたり、各種の問題はケースバイケースで起こっていたではないか。という思いがはあることでしょうが、、、
つまりエビデンスが有って、保険適応になっても、それが現実現状、手術の限界というものがあるのではないでしょうか?それは血が通う人間の体にメスを入れ、異物もしくは、本来ではないものを入れるということはそういものなのではないでしょうか?誰が悪いわけでもなくそういうものなのではないでしょうか?
そしてシリコンインプラントはシリコンゲルが合理的にひとつの乳房形状になっているので、エキスパンダーの後は、シリコンインプラントの留置のための一度の手術で、一応済みます。(一応というのは場所が合わなくて修正をしたり、皮膚のケロイドの修正をしたり、ケースバイケースが多々あるので一応としてます)が、脂肪を注入となると何度も手術を行うことになります。
これはわたしが、自分自身が乳がんに罹患した当時、完璧な再建を求めてあらゆる勉強会に、最新の研究途中の施述を行う医師に、アラガンに、人工乳房の会社に、、直接取材をした内容からの私見となりますが、
それでも仕上がりがあなたに満足できるものか保証はありません。シリコンインプラントの再建や、自家組織の再建がそうであるように。また脂肪吸引のドナー部分の仕上がりも保証はありません。自家組織の再建がそうであるように、吸引は表には小さな穴しか空いていませんが、中では広範囲にカニューレが動いているので、ボコボコやセルライトになる。というケースは少なくありません。シリコンインプラントの再建の補修で脂肪吸引して注入した方を実際5名取材して見た状態です。
ちなみに、、自由診療の美容整形を形成外科の技術よりも美的に上と、またその逆で形成より美容外科を訓練基準が甘いように取らえられている方がときどきいらっしゃいますが、それは間違いです。あなたの病院の形成の乳房再建の医師は、大手美容クリニックにも在籍しています。病院で乳房再建をされる医師が、美容外科で豊胸手術、それ以外の美容整形手術をさているケースはとても多いです。
そういう意味では形成の担当医に相談すると、現在の病院ではできないけど、自分の在籍する美容外科のクリニックでなら自由診療でできること。というのを提案してもらえる可能性はあるのではないでしょか。

自己責任。お金と時間と身体の負担と。

保証がないのに挑めるのか?

人生そんなに長くない。

再建はなんのためにする?再建したらどうなりたい?

続く。

次回はもう一度、保険診療でできることを並べながら、そもそもなぜインプラント再建を、女性たちが選んだのかを思い出して考えていきたいと思います。