アラガンのリコールから考える。シリコンインプラント以外で自由診療のできること②

また、自由診療の域へ手を伸ばせば、シリコンインプラントだけではなく、脂肪注入やバイオCALなどの方法も並んできます。
しかし、こちらも言わんや、現在はまだエビデンスの少ない治療であること。
しかし、アラガンのシリコンインプラント然り、エビデンスがあって保険適応になったはずなのに、今回のリコール、そしてそもそも感染や、拘縮皮膜や、皮膚がツレたり、各種の問題はケースバイケースで起こっていたではないか。という思いがはあることでしょうが、、、
つまりエビデンスが有って、保険適応になっても、それが現実現状、手術の限界というものがあるのではないでしょうか?それは血が通う人間の体にメスを入れ、異物もしくは、本来ではないものを入れるということはそういものなのではないでしょうか?誰が悪いわけでもなくそういうものなのではないでしょうか?
そしてシリコンインプラントはシリコンゲルが合理的にひとつの乳房形状になっているので、エキスパンダーの後は、シリコンインプラントの留置のための一度の手術で、一応済みます。(一応というのは場所が合わなくて修正をしたり、皮膚のケロイドの修正をしたり、ケースバイケースが多々あるので一応としてます)が、脂肪を注入となると何度も手術を行うことになります。
これはわたしが、自分自身が乳がんに罹患した当時、完璧な再建を求めてあらゆる勉強会に、最新の研究途中の施述を行う医師に、アラガンに、人工乳房の会社に、、直接取材をした内容からの私見となりますが、
それでも仕上がりがあなたに満足できるものか保証はありません。シリコンインプラントの再建や、自家組織の再建がそうであるように。また脂肪吸引のドナー部分の仕上がりも保証はありません。自家組織の再建がそうであるように、吸引は表には小さな穴しか空いていませんが、中では広範囲にカニューレが動いているので、ボコボコやセルライトになる。というケースは少なくありません。シリコンインプラントの再建の補修で脂肪吸引して注入した方を実際5名取材して見た状態です。
ちなみに、、自由診療の美容整形を形成外科の技術よりも美的に上と、またその逆で形成より美容外科を訓練基準が甘いように取らえられている方がときどきいらっしゃいますが、それは間違いです。あなたの病院の形成の乳房再建の医師は、大手美容クリニックにも在籍しています。病院で乳房再建をされる医師が、美容外科で豊胸手術、それ以外の美容整形手術をさているケースはとても多いです。
そういう意味では形成の担当医に相談すると、現在の病院ではできないけど、自分の在籍する美容外科のクリニックでなら自由診療でできること。というのを提案してもらえる可能性はあるのではないでしょか。

自己責任。お金と時間と身体の負担と。

保証がないのに挑めるのか?

人生そんなに長くない。

再建はなんのためにする?再建したらどうなりたい?

続く。

次回はもう一度、保険診療でできることを並べながら、そもそもなぜインプラント再建を、女性たちが選んだのかを思い出して考えていきたいと思います。

アラガンのリコール。女性として他人事ではない。BRALABOもこれからのことを考えてみます

BRALABOにとって、
アラガンのリコールのことが関係ないのか。というと、それはとても他人事ではありません。

例えば
春から夏にかけて
同時再建とBRALABOを迷う4人の方と
お話しをしました。

なかでも0期の方がふたりおられて、
初めて知る、
乳がんは0期で全摘。
という常識が受け入れられず、
苦しみました。

それでも全摘は免れられなく、
また命を考えると致し方なく
全摘でも今は再建手術で元どおりになる!
取り戻せる!のコピーに、すがるしかありません。

同時再建で元どおり。
なんとも無かったように
元どおりに戻れる。。

医師の説明も
特にデメリットの説明は頭に良く入らず、
とにかくそう信じないと、
全摘に踏み切れません。

でも、どこか頭では、
元どおりになんてなるはずがないと、
冷静な自分は思っていて、
だからこそ、
何度もわたしのところに脚を運んだのだと思います。

わたしは本人がどうしたいか、
コトバの正体に耳を済ませながらお話しを聞き、
ブラジャーとバストの知見からの
再建したバストや身体の事実を伝えて、
再建の勉強会や患者会をお教えしたりしました。

自分の知りたいことをちゃんと調べて。
自分の価値観で判断して。
という思いです。

自分で調べてお客様は
BRALABOを選択されました。が、
シリコンインプラントの再建を
選んでいたこともあるかもしれないわけです。

もしこの0期の方がシリコンインプラントを選んでいたら、わたしは今日、どう声をかけていたでしょう。。

0期で全摘なんて納得できない。それでも限りなく再発の可能性を無くすために、医療が推奨する全摘を受け入れる。その受け入れるための杖の再建が、わずかといえど、血液のがんの発症の可能性が出ることだったとなったら、、、、。

再発無くすために取ったのに
再発するものを入れた?
わたしだったら受け入れられるだろうか?

そんな発想からと、BRALABOにはシリコンインプラントの再建後の左右差の補正でお付き合いしているお客様もいらっしゃいるから、

今エキスパンダーが入っていたら、
シリコンインプラントが入っていたら、
これからシリコンインプラントによる再建を受けるつもりでいたら、

乳がんの告知や治療の理解だけでも大変な中、やっとの思いで選択し進んできたこと。そしてこのリコールが起こっても、結局また自己判断、自己責任。。。

どうすることができるのか、
どうすることがいいのか、

わたしも他人事ではなく
考えてみたいと思います。

先に話した同時再建と迷われた4人のうちのおひとりは、手術のほんの3、4日前にメールが来て、結局お会いはできませんでした。

手術当日にエキパンを入れるかどうか決めていいと医師に言われたと、おっしゃっていて。エキパン入れなかったら、ブララボに行きますと。わたしは手術の無事を祈りました。

その後手術が無事に終わったとご連絡がきましたが、ブララボに行くとは記載がなく、わたしも触れませんでした。6月の末のことです。この方が手術をした病院は、リコールが出た、翌日には、同時再建を全て一時中止に踏み切ったということです。

✴︎メーカーとしては、安心安全確実のために、無理も妥協もせずに取り組んでおります。またこれからも、都度振り返り精進して参りますことを誓います。

これからのことを考えるブログはこちらから

アラガンジャパンに取材に行き、人工乳房のスクールに行き、、ブラジャーとバストメイクの知見がナイことがわかり開発しました

ファッション雑誌の編集スタイリストを経て
下着の企画をしていたわたしが、
2011年に自分が乳がんになって、

2012年から
まずワコールリマンマ、デューブルベの製品の特性を教えていただきに京都本社へ。岡山のデューブルベのカリスマさんのところにもフィッティングに行きましたが、、。

シリコンインプラントメーカーのアラガンジャパンへ、シリコンのサイズやSKUを取材に。ブラジャーカップに入るものなのかが知りたかったから。

人工乳房作製の2デイスクールに参加。実は人工乳房もつくってみてました^_^

しかし、変わらぬ姿で変わらぬ生活を送れる
ファッションが自由に自信を持って楽しめる
買ったからにはメリットだらけ
という、わたしの望む
仕組みと規格がなかったことと、

そこには、ファッション、スタイル、ブラジャーとバストメイクの知見がナイこと、がわかり、

わたしの知見からなら開発できると確信したこと、

オリジナル開発のブラジャーを販売しているうち、
乳がんの方からの相談、再建手術や人工乳房が受け入れられない方からの相談があり、

あ、わたしと同じもの求めている人はいるんだ!と解り、

バストデザインツインセットは生まれました。

人工乳房が毎日は使えないものと作ってから解り、BRALABOを日常用に作った方
シリコンインプラントのかたちと身体的違和感から抜去に至り、BRALABOを作った方もおられます。

 

セミナー情報はこちらから

バストデザインツインセットの詳細情報はこちらから

アラガンのリコールから考える。乳房再建の現状整理とこれからの選択肢①

あくまでもわたしが、わたしに相談されている方、BRALABOのお客様と一緒に考えるために、読み取ったことを整理したものです。皆さんにも「担当医師に確認相談」してください。と伝えてありますし、これを読んだ当事者の方ご家族の方もそうされてください。書いてあること自体を鵜呑みにせず、ご自身で調べてください。

◎これからの保険診療による手術。代替えについて
シリコンインプラントは9月からスムーズタイプに変更。
→テクスチャードが登用される前のモデルが再販されます。
エキスパンダーはコーケンというメーカーのスムーズタイプに変更。
→実は元々保険適応になっていたものです。
情報元は医師のブログです
https://ameblo.jp/dr-matsu/entry-12497960003.html
すでにエキスパンダー、シリコンインプラントが埋め込まれている方について、アラガン社、アラガンジャパン社、FDAも、抜去や入れ替えは推奨していないという発表です。
→自己の選択。自己責任となります。
よって、エキスパンダー挿入は延期せずできる可能性があるが、インプラント入れ替えは9月の再販までは延期。9月からは可能ということと読み取れます。
また癌研有明病院では同時再建は全て一時中止いう情報があります。
→乳腺手術のみ行い、エキスパンダーは埋め込まないということでしょうか。
情報元は医師のユーチューブです
https://www.youtube.com/watch?v=m9h20VYErTQ&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0aHRUcZytUx5n7Tb4hFq9cspvwVqCAfFP44f1_h_khpWqbtG9Litf1GVg
それでも予定通りアラガンのテクスチャードを、どこか入れてくれる施設はないのか?
→世界的に回収、販売中止、使用禁止にて、不可能
再販のスムーズタイプではなく、他のシリコンインプラントを選べないのか?
→自由診療のクリニックならアラガン以外の製品をもっている、もしくは仕入れ可能かもしれません。
保険適応前は、自由診療でクリニックでは、医師がそれぞれに仕入れているメーカーのものを使っていたし、豊胸は自由診療なのでアラガン以外のメーカーのシリコンインプラントを使っているわけです。
例えば、、ある有名クリニックではアラガン含め4メーカーのシリコンインプラントを用意、他にも要望に応じると記載があります。そことは違いますが、大手クリニックではその4種類とも違うインプラントを使用しています。
https://www.kyoritsu-biyo.com/shinryou/bust/bag.php
しかし、私見となりますが。またアラガン社が最良なのか、自由診療のクリニックが選ぶシリコンインプラントメーカーがそれより劣るのかは、まったく別議論として、(なぜアラガン社だけが保険適応になったのかの理由もわかりませんし)
シリコンインプラントの歴史や保険適応になったことの経緯を調べて行くと、理解できますが、保険適応にすることで、病院、クリニック、医師の足並みが揃い、経過観察、経過観察の報告が義務付けられて、情報が集約共有されて、わたしたち患者は、その後の安全を守ることが保管されるわけです。
またこれも、として保険適応のシリコンインプラントで手術を受けたが、リンパ腫発生、死亡、リコールとなり、保険適応だからって何?という思いもあるかもしれませんが、でもだから、今回リコールになったとも言えると思います。どこにも集約共有されるところがなく情報が宙ぶらりんだと、もっと死亡者が増えて、またリコールがかかっても、自分には行っているインプラントがそれなのかどうなのかもわからないということになります。現にフランスのメーカーのシリコンインプラントを政府が抜去を勧告しているものの、誰に入っているのかリストがなく、対処のしようがないという事例があります。
情報元は厚生労働省のサイトです
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001zco0.html
自由診療のものは、どこにも、その後の情報が集約されず、医師によってバラバラの見解を持ち、わたしたち患者にとって不安しかないのではないでしょうか?

続く。

乳腺外科医師の個人ブログより。代替えについて具体的な記載があります

乳腺外科医であり、シリコンインプラント留置の形成外科も同時に執刀される

医師のブログより。

アラガンのエキパンは使えるものがなくなるので、コーケンというメーカーのものが代替えに。

スムーズタイプのラウンド型です。

※保険適応となるのかはこの記事ではわかりません。

シリコンインプラントはアラガンで以前販売してきたスムーズタイプが再販になりそれが代替えに。

スムーズタイプの課題を改良したのが、テクスチャードタイプだったので、スムーズは再販品となります。

https://ameblo.jp/dr-matsu/entry-12497960003.html

個人のブログより。4月の時点で、フランスでのアラガン使用禁止の説明を医師に受けて、エキパン抜去された方

日本では6月にアラガンの

シリコンインプラントが原因の

リンパ腫発症の事例が見つかった発表があり、

そして

7月25日リコールの発表がありました。

この方は4月にフランスで

使用禁止になったことを

医師から説明を受け、

それもエキパンからシリコンに

入れ替え手術の当日に。

再建を辞められたそうです。

今、エキパンが入っている方、

参考になるかもしれません。

ご一読ください。

※あくまでも個人のブログです。

慌てず、担当医師に確認相談をすることが一番です。

再建しますか?乳がん再建手術のシリコン入れ替え直前で私が諦めた理由

情報番外編・乳腺外科医師の個人ブログより。代替えについて具体的な記載があります

乳腺外科医であり、シリコンインプラント留置の形成外科も同時に執刀される

医師のブログより。

アラガンのエキパンは使えるものがなくなるので、コーケンというメーカーのものが代替えに。

スムーズタイプのラウンド型です。

※保険適応となるのかはこの記事ではわかりません。

シリコンインプラントはアラガンで以前販売してきたスムーズタイプが再販になりそれが代替えに。

スムーズタイプの課題を改良したのが、テクスチャードタイプだったので、スムーズは再販品となります。

https://ameblo.jp/dr-matsu/entry-12497960003.html

情報番外編・個人のブログより。4月にフランスでのアラガン使用禁止の説明を医師に受けて、エキパン抜去

日本では6月にアラガンの

シリコンインプラントが原因の

リンパ腫発症の事例が見つかった発表があり、

そして

7月25日リコールの発表がありました。

この方は4月にフランスで

使用禁止になったことを

医師から説明を受け、

それもエキパンからシリコンに

入れ替え手術の当日に。

再建を辞められたそうです。

今、エキパンが入っている方、

参考になるかもしれません。

ご一読ください。

※あくまでも個人のブログです。

慌てず、担当医師に確認相談をすることが一番です。

再建しますか?乳がん再建手術のシリコン入れ替え直前で私が諦めた理由

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会から医療関係者への声明

緊急声明

関係各位

昨日アラガンジャパン社から乳房再建用のティッシュエキスパンダーとテクスチャ ードインプラントの販売停止が発表されました。

これは米国 FDA の指示によりアラガン 社がグローバルに指示を出したことによるもので、乳房再建において保険適用となって いるインプラントが同社製品しかないわが国においては、重大な事態になったと認識し ております。

本学会としては同社および関係省庁とも緊密に連絡をとって対処していく所存です が、患者様には多大なるご心配ご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。

学会としての今後の対応については、逐一会員の先生方に公表していきますので、先生 方ならびに関係する医療関係者の方々のご理解を何卒よろしくお願い申し上げます。

理事長 朝戸裕貴

クリックしてHCP_Final190725-3.pdfにアクセス

 

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会から緊急告知

アラガン社製品自主回収・販売停止について

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

関係各位

緊急のお知らせです。

このたび急遽 FDA の指示により、アラガン社のテクスチャードエキスパンダーおよびイ ンプラントが、全世界的に自主回収されることとなりました。

このため日本においても同社 の該当製品が今後使用できなくなります。インプラントについてはスムーズタイプ(9 月よ り販売再開予定)は使用できますが、エキスパンダーについてはアラガン社の製品は使用で きなくなります。

今後の対応について至急関係当局も交えて検討中です。

各施設の先生方、そして患者様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の上 ご対応いただけますようお願い申し上げます。

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
理事⻑ 朝戶裕貴
2019 年 7 月 25 日

クリックしてHCP_Final190725-1.pdfにアクセス